ホーム>スタッフブログ>2014年2月

2014年2月

心と体に響く音

宝塚・西宮で0歳からの音レッスン。ワクワク先生こと音脳講師、松田美穂です。

音脳リトミック体験に他市より親子でいらっしゃったIさん。

ピアノの音に合わせて全身で反応するAくんの姿にママもとっても素敵な笑顔で応えてらっしゃいました。

我が家のピアノはアップライトなのですが、鍵盤したの共鳴版が丁度立ったおこさまと同じくらいの位置にあたり、全身で音を受け止める形となるのです。

音は振動として耳だけでなく全身に響き伝わっているのです。

椅子の上に座って弾くピアノから聞こえる響きとはまた違った振動としての音。

これは触感として音を受け止めていると言えるかもしれません。

201441224258.jpg

拡散的思考とピアノリトミック

宝塚・西宮で0歳からの音レッスン。ワクワク先生こと音脳講師、松田美穂です。

今日もピアノリトミックを通して2歳児さんの拡散的思考力の高さを存分に感じることができました。

ピアノの鍵盤を一音鳴らすだけで広がる無限の世界感。

鍵盤そのものへの興味からくる疑問。

音の響きをどう捉えるかで見えてくる世界が変わってくる不思議。

ピアノとそれを弾く自分との間にある関係性、つながり・・・

たった一つの情報からとめどなく広がる思考。

ピアノリトミックを経験することが、主体的に物事を考える力を育てる基礎を作っているのを実感します!

20144119556.jpg

ピアノリトミックレッスン

ご入会お問い合わせはこちら

季節と行事とリトミック

  宝塚・西宮で0歳からの音レッスン。ワクワク先生こと音脳講師、松田美穂です。

午前中は西宮市の山口児童センターにて親子ふれあいリトミックでした。

センターの前にはまだまだ雪の塊がどっかりつもっていて、なんだかドキドキしてしまいます。

 

さて、2月3日の節分は過ぎてしまいましたが、今月は「豆まき」と「雪遊び」をテーマにたくさん親子で触れ合って、リズムを感じながらリトミック遊び、わらべうたを楽しみました。

季節の風景や遊び、生活を唄ったわらべうたは、子どもにとって大変身近なものです。

最近は全国ネットなわらべうたが一般的ですが、自分の育った土地のうた、両親が唄っていたわらべうたを口づさむことってなかなかないんですよね・・・

私自身は母がまりつきや、お手玉が得意だったので耳馴染んでいるものもありましたが、実際自分ではあまりまりつきもお手玉もせずに育ってしまい、しっかり体に入っていないのが今となってはとても残念です・・・

 

日本語の言い回しやものの名前も、わらべたの中ではいまでは使われていないものがたくさんあります。

子どもにとって、というよりママたちにとっても既に馴染みのない文言となっているのでしょう。

だからこそ、NHKで「にほんごであそぼう」のような番組が凝ったつくりで放映されているのでしょうね。

2014324235230.jpg

 

心(イメージ)を伝えるって?

宝塚・西宮で0歳からの音レッスン。ワクワク先生こと音脳講師、松田美穂です。

小学生のリトミックレッスンをしていて感じることの一つに、「自由に音を身体で表現することの難しさ」があります。

音を聴いて感じたものを言葉で表すことができたとしても、動きとして表現することは大人にとっても簡単ではありません。

まず、聞いた音を頭の中で再構築し、それを動きとしてシュミレーションを構成し動いてみる。

こういった段階を経て動く人が多いのではないでしょうか?

幼児さんのリトミックを見ていると、「頭で考える」というところから「シュミレーションする」というところがすっぽりなくて、

音を聞く⇒動く

これだけ。

ストレートに表現しているようです。

経験値が増えれば増えるだけ選択肢も増えます。

一つの音を聞いても感じる前に考えてしまったり。

乳幼児とは比べ物にならないほど体の機能は発達し、出来る事もたくさんあります。

けれども普段から自由に体を使うなんてことは学年が上がれば上がるほど少なくなり、使えるはずの体の機能さえ使わず、いつの間にか退化していく。

乳幼児さんを見ているとそう感じる事も多いのではないでしょうか?

 

脳についても同じなのでしょうね。

必要だと選択した機能はより一層合理的に働き、無駄だと判断されたものは消えていく。

そして心も同じかもしれません。

2014323231545.jpg

4歳のイメージする「ドククラゲ」♪

メルヘンの世界に遊ぶ子どもたち

宝塚・西宮で0歳からの音レッスン。ワクワク先生こと音脳講師、松田美穂です。

ピアノリトミックレッスンにこられているAちゃん。

ピアノの鍵盤をそーっと押し弾いて

「せんせーピアノさんのお話きこえる?」と尋ねてきました。

「なんて言ってるのかな?」と聞き返すと、

「とおんちゃんとお話してるから、ほかの人には内緒だって。」って。

まだ2歳になったばかりだけれど、沢山お話してくれるAちゃんの世界はとてもとてもメルヘンなんです。

ピアノリトミックレッスンで大切なのはそんな子どもたちの世界をママも共有していること。

大好きなママと一緒に「おとのくに」であそぶ姿は本当に活き活きしています。

201432321357.jpg

ピアノリトミックレッスン生 若干名募集中です♪