ホーム>スタッフブログ>2016年2月

2016年2月

自分で考えて動ける子どもに育つ為に

昨日は西宮市子育て総合センターに出向き、育児サークル「のびのびパラダイス」での活動でした。

ご参加の子どもさん達は月齢、年齢幅も広くお互いを意識しながらも自分のやりたいこと、気に入ったことを見つけるのがとてもお上手でママたちがそれこそサークル名同様、のびのびとおおらかに見守っている姿が印象的でした。

子どもの遊びの中についつい大人の思いを押し付けてしまうことも多いとは思います。
時にはそれが必要な場面もありますが、子どもの向かっている先を大人が予想して待ってあげること、子どもを後ろから見守り、何時でも受け止められるようさりげなくフォローしていくことが出来れば、子ども達は安心して自らの力で世界を拡げていけるのではないでしょうか?

10年以上続いているというこのサークルさん。
室内活動だけでなく、公園や工場見学などのお出掛けプログラムも充実しているそうですよ♪

ご興味のある方は子育て総合センターあおぞらかんのサークル加入募集ポスターからお問い合わせしてみては如何でしょうか?
2016220183711.jpg

1年のリズム。四季と節分

201621321342.JPG

もうすぐ雨水!
何だか急に暖かくなったような気になりますが、三寒四温で気を抜くのはまだまだ早いようです。
そして今年は、例年より遅めのインフルエンザの大流行。
免疫力の弱いベビーちゃんや、妊婦さんたちは要注意ですね。
さて、降ったり晴れたりの大荒天気だった2月9日は西宮市、浜脇児童館でのベビーリトミックでした。
2月なのでこちらでも「豆まき」の歌詞に併せて、表情豊かに全身で歌って動いて下さいました。
まだ、はいはい前のベビーちゃんたちもいっぱい!
3ヶ月のベビーちゃんもママの腕の中にすっぽりと包まれ、ピアノの響きと共に、ママから伝わるリズムやテンポを全身で感じていらっしゃいました。
人は聞こえてくる音に少なからず影響を受けています。
その音が一定のリズムを刻んでいると、無意識であっても身体が反応していることも多いのではないでしょうか?
大人だけでなく、ベビーたちも同じです。
ベビーはママ特有のリズム感や、家族としての生活テンポを常に感じ、また、次の世代へと受け渡していくのでしょうね。